キレイ*ブログ|酵素口コミサイト【KOUSO】

ダイエットに油制限はNG、油をダイエットの味方につけよう

ダイエットの為にカロリーの高い油を制限した食事を摂っている人も多いでしょう。
確かに油は、たったの10グラムでもそのカロリーはおよそ90カロリーにもなります。こうしたカロリーだけに注目すれば、決して油はヘルシーな食品とは言えません。

例えばジャガイモを食べる時に蒸して食べるのと、フライドポテトにして食べるのでは同量であってもそのカロリーは大幅に異なります。誰でも分かるように、油で揚げたフライドポテトの方がカロリーは高くなってしまいます。

こういった事からも長い間、ダイエットに油は大敵と思われてきました。しかし、食事から油を抜いたり、または油を必要以上に制限する事は必ずしもダイエット効果をアップさせるとは限りません。それどころかダイエットだけてはなく、美容や健康にとっても害を及ぼす可能性が大きいのです。

人が油を必要以上に制限すると一体どのような事が起こるのでしょうか。
まず、油分が足りなくなる事で肌や髪の毛の艶がなくなり肌は乾燥でカサカサになりシワが出来やすくなったり、髪の毛はパサついてしまいます。

また油は人のエネルギー源ともなりますから、不足する事で体力がなくなり日中の活動に障害を生じる事もあるうえに、身体が冷える原因にもなります。疲れやすくなり活動量が減ると、カロリーの消費量は当然減りますし、また冷えは代謝が悪くなるためダイエットにとってマイナスとなってしまうのです。更に油不足は便秘を引き起こすため、お腹がポッコリと目立ってきてしまうでしょう。

あまり知られていませんが、油はホルモンを作る材料にもなるものです。ですから油を制限するダイエットでは女性の場合、生理不順を招いたり、若年生更年期障害を引き起こすケースさえあるのです。

ダイエットのためだからといって、油を抜いたり必要以上に制限した食生活を続けると、上記のようなデメリットがある事が分かっていただけたでしょうか。
ダイエット中でも油は必要不可欠なのです。

ただしダイエットのためは、摂取する油の種類に気をつけなければいけません。
やみくもに油を摂取するのはダイエットにも健康にもNGです。

ダイエットにNGな油とは、身体に蓄積しやすい性質のものとなります。
トランス脂肪酸というマーガリンに代表される油やお肉の脂身といった飽和脂肪酸はダイエットに不向きな油です。

逆にダイエットに向いている油は、オメガ3に分類されるタイプや中鎖脂肪酸に分類される油となります。
オメガ3とは、脂肪を燃焼させコレステロールを減らす効果のある油ですが、身体の中で生成する事が出来ません。
そのため食事などから摂取する必要があるのです。
オメガ3に分類される油の代表的なものは亜麻仁油やエゴマ油、しそ油になりますが、これから熱に非常に弱いので生のまま摂らなければいけません。
ダイエットのためには、およそ1日に大さじ1杯から2杯を目安にサラダにかけたりそのまま飲むようにします。

そして中鎖脂肪酸は、吸収されにくく代謝を促進させる効果がある油で、代表的なものはココナッツオイルです。
ダイエットのためには大さじ4杯から5杯程度の摂取が必要と言われています。
ココナッツオイルは、熱にも強い油なので色々な食事に多用出来るでしょう。

油は種類を選べば、ダイエットの強い味方になります。

油を必要以上に制限した肌にも健康にも悪いダイエットは、もう終わりにしましょう。

▲ページトップへ

PAGE TOP

女性のための便秘解消バイブル | 酵素ドリンクランキング

トップページ / 酵素とは / ダイエット / 便秘解消 / スキンケア / 商品一覧 / お問い合わせ
Copyright 2012 酵素口コミサイト【KOUSO】 LTD. All rights reserved.